テンカラ初心者こそハリスにこだわれ!ハリスについて徹底解説

テンカラの仕掛けを作るときに、皆さんはどのようなハリスを使っているでしょうか?

メインラインと違って、ハリスって地味な存在だし、なんの変哲もないただの透明な釣り糸にしか見えませんよね。
それゆえ、初心者のうちはハリスって適当に買ってきたラインを使いがちです。

かくいう私も、初心者の頃は適当なラインを買って使っていました。
しかし、ハリスにこだわるようになってからはトラブルが減ったし、毛鉤のコントロールもしやすくなり釣果もアップしました。
せっかくテンカラをやるのであれば、快適に気持ちよく釣りをしたいですよね。

キャスティングの技術に不安がある方にこそ、ハリスにこだわってほしいと思っています。

 

今回は、

  • そもそもハリスってなに?
  • ハリスってどういう基準で選べばいいの?
  • なんでもいいから釣果アップにつなげたい!

という方に役立つ情報をお伝えしたいと思います。

 

私が最近使っているハリスは、バス釣り用のもので価格と品質のバランスに優れています。

 

おじさん
ハリスって意外と重要なんやで〜

 

ちなみにアイキャッチの画像は、タウンゼント・ハリスという江戸後期ぐらいのときのアメリカの外交官です。本文とは全く関係ございませんのでご了承ください。

そもそもハリスとは

ハリスって一体なんでしょうか?
ハリスはメインライン(道糸)と針の間につけるラインのことを指します。

ハリスはメインラインよりも細いことがほとんどで、細い理由は下記の2点です。

  • 魚に見破られないため
  • 竿の保護

これらの点について詳しく解説していきましょう。

ハリスは魚に見破られないために必要

テンカラではあの手この手を使って、流れに毛鉤を上手くのせて、渓流魚を誘い出し食わせます。

このときメインラインに直接毛鉤を結んでいては、メインラインの固さと重さで毛鉤の流れ方にが不自然になってしまうでしょう。
渓流魚は毛鉤の流れ方に敏感なため、毛鉤の流れ方が不自然だと魚に違和感を与えてしまいます。

そして、メインラインは太く目立つため、目の良い渓流魚からは簡単に「釣り糸だ!」と見切られてしまうでしょう。
このため、魚の目に触れる部分だけをハリスにすることで、魚から釣り糸と見切られず流れにも自然にのせられるというのがハリスの役割です。

じゃあ、ハリスを長くすれば魚にバレないんじゃないの?と思われるかもしれませんが、ハリスは長すぎるとキャスティングに悪影響を及ぼしますので注意が必要です。

ハリスの長さについては後ほど詳しく解説します。

 

おじさん
渓流魚って結構目がいいんよね

ハリスがないと竿が折れる

ハリスには竿の保護という役割も。

竿よりも頑丈なラインだと、想定外の大物がかかったりしたら竿ごとバッキリ折れてしまいます。
ハリスがあれば、竿が折れる前にハリスが切れてくれるので竿が折れることはありません。

竿の仕様に適合ハリス0.6~1.2号と書いてあるのはそのためです。
適合ハリスより太いものを使う場合は、そういったリスクも頭に入れておきましょう。

 

おじさん
テンカラじゃないけど、竿が折れたことあるよ(実話)

 

ハリスの材質

ハリスを選ぶ際に重要な点は様々ありますが、まずは材質から見ていきましょう。

通常テンカラで使われるハリスの材質は下記の2種類です。

  • フロロカーボンライン
  • ナイロンライン

それぞれで性質が若干ことなりますので解説していきます。

フロロカーボンライン

フロロカーボンラインは複数の繊維を束ねたような構造をしており、一部の繊維がちぎれても強度が落ちにくく、根ズレ(岩などにこすれること)に強いです。
ただし、フロロカーボンの場合は折れに弱く、一度折れグセがつくとそこからプッツリと切れてしまうことがあります
折れグセがつくことをキンクするといいます。

フロロカーボンラインは適度なハリがあるため、キャスティング時に力をロスしません。
比重が1.78前後と他の素材よりも重いため、水に良く馴染むので、自然に毛鉤を流したいテンカラに向いています。
適度なハリと、比重によりキャスティングの精度が向上するので、精度にこだわるテンカラにベストな選択です。

ナイロンラインと比べると少し高価ですが、性能をとるのであればフロロカーボンがいい選択だと思います。

 

おじさん
こだわりないならフロロ選んどきゃ問題ないで〜

ナイロンライン

ナイロンラインは、しなやかで伸びがあります。
しかし、しなやかすぎるところがあるため空気抵抗の大きい毛鉤などを使う際には、若干キャスティング性が落ちます。

ハリスは頻繁に交換するため、あまり気にしなくてもいいですが吸水性が高く劣化しやすいです。
フロロカーボンラインに比べて比重が軽いため、毛鉤を水面に浮かせたい場合は使いやすいでしょう。

フロロカーボンに比べて価格が安いので、安く済ませたいのであればナイロンを選択するのもアリ。

 

おじさん
ナイロンは結構伸びるよ

ハリスの太さは毛鉤で決まる

ハリスの太さは毛鉤の大きさで決まってきます。

毛鉤の空気抵抗にもよりますが、私は下記のような条件を基準としています。
左が毛鉤のサイズで、右がラインの太さです。

#14 … 0.6号
#12 … 0.8号
#10 … 1.0号
#08 … 1.2号

大きい毛鉤で細すぎるハリスを使っていると、しっかり合わせたときに合わせ切れしてしまいます
そして、毛鉤の空気抵抗にハリスが負けてしまうので、キャスティング性能が大きく下がります。

また、小さな毛鉤を使用する場合はハリスが太すぎると毛鉤が自然に流れません。
そのうえ、フックのアイにハリスを通しにくかったりもします。

毛鉤のサイズによってハリスを選択するのが重要です。

時々、ハリスを細くすれば食いがよくなるなどの意見も良く見かけます。
しかし、テンカラの場合ハリスを細くすると、小まめなハリスのチェックが必要になり手返しが落ちます。
そのため、私は細すぎないハリスを使って手返し良く攻めていくほうが、ストレスなく釣りに集中できるので細くても0.6号程度までしか使用しません。

 

おじさん
あんまり細いハリスは、合わせ切れするからおすすめしない

ハリスの長さは60cmから80cm程度

ハリスの長さは60cmから80cm程度を目安としています。

60cmより短いと竿先のコントロールが難しく、80cmより長いとキャスティングが難しくなってしまいます。
毛鉤を沈ませる状況が多ければハリスは長めに設定して、毛鉤を浮かせる状況が多ければハリスは短くするほうが扱いやすいです。

初心者の方はハリスを60cmくらいにしておいて、毛鉤だけを落とすキャスティングを練習したほうが良いと思っています。

メインラインもハリスも最初のうちは長くしがちです。しかし、必要以上に長くせず、短い仕掛けで丁寧に釣るほうが良い結果が出ることが多いです。

 

おじさん
夕方とかは短くしてる(トラブル回避)

おすすめのハリス

ハリスはこちらをよく使っています。

  • 東レ(TORAY) ライン バウオ エクスレッド 4lb 150m

東レ(TORAY) ライン バウオ エクスレッド 4lb 150m


バス釣り用のラインですがよく使用しています。
ラインのコシもほどほどにあり、根ズレ耐性などの性能にも不満を感じたことはありません。

150m巻のため少々かさばるので、実際に使用するときは小さめのスプールに巻き替えて使っています。

ポンド表記なのでわかりにくいですが、3lbが0.8号、4lbが1号くらいと考えてOKです。

おおよそ1200円/150mなので1mあたり8円コストパフォーマンスがよく、普段遣いに最適です。

 

おじさん
300m巻きの徳用のやつもあるよ

ハリス道は案外深い

メインラインに比べて、ハリスはあまり重要視されない部分もあります。

私もテンカラをはじめたばかりの頃は、しなやかすぎるナイロンラインを使用していました。
キャスティングも下手だったこともあり、ライントラブルに悩まされることもしばしば。

当時からテンカラにベストなハリスを使っていればと思うところもありますが、色々使ってみたからこそハリスの重要性に気がつくことができたと思っています。

みなさんもぜひ色々なハリスを試してみてください。

 

 

↓テンカラに最低限必要な道具のおすすめリストはこちらから

関連記事

独学でこれからテンカラをはじめよう!と思ったときに悩むのが道具ですよね。 入門書とかを読んでもおすすめ商品が多すぎて迷ってしまうし、どこまで道具を揃えればいいのやらわかりません。 テンカラは道具が少なくてすむ釣りではありますが、[…]

最新情報をチェックしよう!