初心者必見!テンカラでおすすめの仕掛け巻き!

テンカラの仕掛けを作ったときに皆さんはどのようにして仕掛けをカバンにいれて持ち運んでいますか?

テンカラを始めたばかりだと、どんな仕掛け巻きをつかって良いのかわかりませんよね。

私もたくさんの仕掛け巻きを使ってきました。

しかし、満足するレベルの仕掛け巻きは市販のものでは見つからず、最終的に自分で仕掛け巻きを作ってしまいました。

結論から言うと、おすすめの仕掛け巻きは私が作ったヤツです。(大真面目)

 

おじさん
マジ、大真面目

その名も「スプール手裏剣」鬼ショップ限定で販売中!

スプール手裏剣 2個入り

仕掛け巻きの決定版 スプール手裏剣

私が開発したスプール手裏剣の特徴は

  • 直径6cm×厚み4mmの超コンパクト設計!
  • 針が指に刺さらない、新設計の針先カバー付き!
  • 新設計のラインストッパーで仕掛けがバラけない!
です。

私自身、すべての仕掛けをスプール手裏剣に巻いて使っていますが、本当に使いやすいです。

 

使い方はこちらの動画をみてください。

しかし、「俺の作った仕掛け巻きが最高だぜ」と言われても納得はいかないと思いますので、私の考えるテンカラで使う仕掛け巻きで重要視すべきポイントを紹介していきたいと思います。

すでにほしいって方はこちらから↓

テンカラで使う仕掛け巻きで重要視すべきポイント

仕掛け巻きを選ぶ上で、私が重要視している点はいくつかあります。

  • 巻きグセがつかないか
  • コンパクトかどうか
  • カバンやベストの中でぐちゃぐちゃにならないか
  • 針が手に刺さらないか

ひとつひとつ解説していきます。

 

巻きグセがつかないかどうか

これはかなり重要な点で、テンカラの場合、ラインがまっすぐかどうかはキャスティング精度に大きく影響します

そして、キャスティング精度が下がれば釣果は大きく下がるでしょう。

仕掛けを保管しておく際にラインに強く巻きグセがついてしまうと、引っ張ったりして巻きグセを直そうとしてもなかなか巻きグセをとることができません。

ですので、巻きグセをつかない仕掛け巻きであるということは重要です。

 

↓こういうタイプのものはテンカラにはおすすめできません。

 

平べったい仕掛け巻きよりも、円形の仕掛け巻きのほうがより巻きグセがつかないので円形のものをおすすめします。

おじさん
くっちゃくちゃのラインで釣りしても釣れへんし、意外と重要

コンパクトかどうか

渓流を遡っていくテンカラ釣りにおいて、仕掛け巻きがコンパクトかどうかは重要です。

初めて行く渓流の場合、どんなシチュエーションに遭遇するかわかりません。
そのため、釣行時は長さの違う仕掛けをいくつか持ち歩く必要がでてくるでしょう。
そういった場合に、仕掛け巻きが大きいといくつも持ち歩くことができません

仕掛け巻きをたくさん持ち歩くために、バッグを大きくするのはナンセンスですし、美しくありませんよね。

こういった理由から、コンパクトであるということはテンカラの仕掛け巻きにおいて重要です。

しかし、コンパクトなものほど使用感が悪く、コンパクトさと使い勝手の良さというのはトレードオフとなっています。

↓私が知る限り最もコンパクトなのはこちらのスプールシート

ただし、こちらのスプールシートは展開させるときに、しょっちゅうフックが手に刺さります(超痛い)

自分がどこまで使い勝手を犠牲にできるかで選ぶものが変わってくるでしょう。

おじさん
コンパクトは正義なんやけど、コンパクトなヤツは使いにくいんよな

手にフックが刺さらないかどうか

仕掛け巻きから仕掛けを展開しようと急いで作業をしていると、たまに

グサッ

ってやってしまうんですよね。

結構痛いし、楽しいテンカラの時間を邪魔された感が半端じゃない

ですが、フックが手に刺さらないかどうかを重視した仕掛け巻きってあんまりないんですよね。

↓一般的なメイホーのちびまるシリーズも結構フックが外れて刺さったりします。

 

おじさん
あれマジ痛いし、仕掛け巻き捨ててやろうかと思う。捨てないけど

カバンやベストの中でぐちゃぐちゃにならないか

カバンの中に仕掛けをいれていて、いざ出そうと思ったらカバンの中はグッチャグチャ!

なんてことがテンカラの場合よくあります。

仕掛けがバラけるのを防止するために色々工夫をしていても、たまに油断するとやっちゃうんですよね。

多くの仕掛け巻きでは、仕掛けの最後を止める部分があまり良い設計になっていません。

そのため、ハードに移動してカバンやベストが揺れたりすると、仕掛けがどうしてもバラけてしまうんですよね。

しっかりとラインをホールドしてくれるのはかなり重要です。

おじさん
カバンぐっちゃぐちゃ事件は、夕マヅメにやるとマジ萎える

都合のいい仕掛け巻きなんてなかった

これまでにあげた4つの要素が、テンカラの仕掛け巻きにおいて、私が重要視してきた部分でした。

しかし、世の中にこれらを満たすような仕掛け巻きはなく、もっといいものはないものかと日々考えていました。

そして、私は一つの答えにたどり着きました。

ないなら作ろう

私は特許も持っている天才設計士。

「世の中にないなら作るか」と思い、設計しました

開発には2ヶ月くらい掛けたでしょうか。

そのかいもあって課題であった、

  • 糸クセがつかないか
  • コンパクトかどうか
  • カバンやベストの中でぐちゃぐちゃにならないか
  • 針が手に刺さらないか

これら4つの点を高次元で解決した素晴らしい仕掛け巻きを開発することに成功しました。

おじさん
俺って、マジ天才やん?

仕掛け巻きの決定版 スプール手裏剣

私が開発したスプール手裏剣の特徴は

  • 直径6cm×厚み4mmの超コンパクト設計!
  • 針が指に刺さらない、新設計の針先カバー付き!
  • 新設計のラインストッパーで仕掛けがバラけない!

私自身、すべての仕掛けをスプール手裏剣に巻いて使っていますが、本当に使いやすいです。

使い方はこちらの動画をみてください。

使いやすそうじゃないですか?コンパクトだし。

それでは、その使いやすさについて解説してきます。

直径6cm×厚み4mmの超コンパクト設計!

スプール手裏剣は、直径6cm×厚み4mmのコンパクト設計なので、収納するポケットを選びません。

一番有名な丸型仕掛巻ちびまる70と比較してもこの薄さ!

直径6cmは絶妙で、直径7cmだと大きすぎてカバンに入りにくく、直径5cmだと巻きグセが目立ちはじめます。

厚み4mmというのは従来の仕掛け巻きを1枚入れていたところに3枚も入れることができます。

写真でみればよく分かると思いますが、全然専有スペースが違いますよね。

よりコンパクトにたくさんの仕掛けを持ち運ぶことができるため大変便利です。

メイホウ(MEIHO) 丸型仕掛巻ちびまる70は、価格が安く導入しやすいです。

お手軽に購入したいならこちらもあり。

針が指に刺さらない、新設計の針先カバー付き!

これについては写真を見てもらうほうが早いと思います。

仕掛けを巻くと、ちょうど針先の部分が三角形の部分でカバーされる設計になっています。

このため、仕掛けを展開するときにも針先が指にささることがありません。

夕マヅメの手元が薄暗い環境でも、手に針が刺さることを恐れず安心して仕掛けを展開することが可能です。

新設計のラインストッパーで仕掛けがバラけない!

写真ではうまくお伝えできないのが申し訳ないのですが、ラインストッパーも新設計を採用しています。

従来の仕掛け巻きでは、プラスチック素材にスリットを入れたり、スポンジとの間に挟むような設計のものがほとんどでした。

それらの設計では、スリット部分やスポンジ部分が摩耗してくると、しっかりとラインを留めることができません。

スプール手裏剣では、仕掛け巻きに巻いてきた糸とスプールの間にラインを挟む設計にしているので、摩耗によるストッパー性能の低下がありません。

そして、樹脂部分もザラザラとした表面仕上げのため、更にストッパー性能が向上。

仕掛けを引っ掛ける際も留めやすく、かつ外しやすい最適な形状に設計されています。

スプール手裏剣の購入はテンカラの鬼SHOP

仕掛け巻きの決定版として紹介してきたスプール手裏剣は、私の師匠であるテンカラの鬼こと榊原正巳の「テンカラの鬼SHOP」でのみ販売しています。

テンカラの鬼SHOPでは鬼師匠が厳選したテンカラに関する品ばかりを集めたショップ。

テンカラの鬼SHOPは、海外のテンカラファンも多く利用しています

スプール手裏剣の商品ページはこちら↓

スプール手裏剣 2個入り

色々試した挙げ句の自作仕掛け巻き

私自身、本当に色々な仕掛け巻きを使ってきました。

しかし、イマイチな仕掛け巻きしか世の中には存在しておらず、自分で設計するという行動にでました。

せっかく便利なものができたのだからと、リリースすることを決めました。

伝統的なテンカラ釣りと、最新の3Dプリンタが織りなす自信満々の意欲作です。

少量生産のため品切れになると再入荷に時間がかかるため、在庫のあるうちに購入することをおすすめします。

少量生産なので少し値段はしますが、しょっちゅう買う必要があるものでもないですし、一度買うと釣行時のストレスが激減します。

ぜひ使ってみて便利さを体感してみてください。

もう、他の仕掛け巻きには戻れませんよ。

最新情報をチェックしよう!