テンカラで偏光グラスは必要?メリット・デメリットも解説

テンカラをするのに偏光グラスって使用していますか?

私は以前、偏光グラスは必要不可欠だと考えていました。

しかし、テンカラをある程度経験した今では、必須アイテムでは無いなというふうに感じ、現在は普通のメガネでテンカラをしています。

今回は、偏光グラスがどういうものなのかや、偏光グラスを使うメリット・デメリットについて解説していきたいと思います。

そもそも偏光グラスって?

偏光グラスは普通のサングラスとは違い、雑光をカットしてくれる性質を持っています。

つまり、ただ視界を暗くするだけでなく、ギラギラとした眩しくてよく見えなかったものがクッキリ見えるようになる、というのがサングラスとの違いです。

偏光グラスの必要な場面は?

釣り人の多くが、偏光グラスを掛ける理由は、偏光グラスが水面のチラツキなどを軽減してくれて、水中がよく見えるからです。

偏光グラスを掛けると、確かに水中がよく見えます

そのため、魚を見つけやすくなり、魚を見ながら釣りをするということが偏光グラスを掛けるだけで、格段にやりやすく。

そして、水の中を歩く際も、水中の石や岩などが見えやすくなるという点もあり、安全にも貢献してくれます。

 

おじさん
安全は大事やよね

偏光グラスのメリット

偏光グラスでのメリットは

・魚が見つけやすくなる
・水中を歩くときに安全
・目が疲れにくくなる
・毛ばりが飛んできても安全
という点があげられます。
最初の2つは先程解説しましたので、説明は割愛します。
あとの2つに関して解説してきましょう。

目が疲れにくくなる

水面のチラツキを軽減してくれるので、目への負担が大きく減ります。

また、紫外線もしっかりカットしてくれるので、眼精疲労やシミ、そばかすなどの抑制にも効果的です。

毛ばりが飛んできても安全

根掛かりや木に毛ばりを引っ掛けてしまい、外した際に勢いよく毛ばりが目に向かってくると危険です。

偏光グラスをしていれば、このような場合でもガードしてくれるので安心ができます。

虫や葉っぱなどが、目に入ってくるというのも防げるので、目の保護にはかなり役立ちます

偏光グラスのデメリット

続いてデメリットも考えてみましょう。

・値段が高い
・カメラや携帯の液晶が見えにくい
・目が悪い人はいろいろめんどくさい

という点があげられます。

値段が高い

偏光グラスのちゃんとしたものは、なかなかいいお値段です。

しっかりしたものであれば15,000円~30,000円程度するでしょうか。

釣具屋などでは2,000円程度の安いものも売っていますが効果はそれなりです。

効果を疑問に思っているのに、このお値段はなかなかハードルが高いですよね。

カメラや携帯の液晶が見えにくい

偏光グラスを掛けていると、液晶の画面が極端に見えにくくなります

スマホ画面のプライバシー保護シート越しに、画面を見ている感じといえばいいでしょうか。とにかく画面が見にくくなります。

魚が釣れたら携帯やデジカメで写真を取ったりしますよね?

その際に偏光グラスを掛けたままだと、撮った写真を画面で確認がしにくく、いちいち偏光グラスを外す必要があります

私はこれが特に面倒でした。

目が悪い人はいろいろめんどくさい

目が悪い人は、偏光グラスを掛けるのに、いろいろと手間やお金がかかってきます。

私は、メガネに「クリップオンするタイプ」と「コンタクト+偏光グラス」の組み合わせを使ったこともありますが両方に欠点がありました。

メガネにクリップオンするタイプは、なにかにぶつかったときにクリップオン部分が外れて飛んでいくということ。

一度、ウェーディングしているときに、ビックリアワセをしメガネに腕があたってしまって、クリップオン部分が飛んでいったことがありました。

なんとか回収できたから良かったですが、安心して装着できないのは不安でした。

コンタクト+偏光グラスのパターンの場合は、私がドライアイということもあり、風がきつい日などは目が乾いて、コンタクトが外れてしまうというところが問題。

また夕方は暗くなってくるので、コンタクトを外して釣りをします。

しかし、コンタクトを外すと更に目に直接風が当たるので、目がかわいてしまい、これまたコンタクトが外れてしまうというトラブルが起こってしまいました。

おじさん
ドライアイ許すまじ

度入りの偏光グラスはおすすめしない

メガネにクリップオンやコンタクト+偏光グラスがダメなら、度入りのサングラスがいいんじゃない?と思われる方もいるかもしれません。

しかし、度入りの偏光グラスを使用する場合、早朝や夕方の薄暗い時間は、普通のメガネに変える必要がでてきます。

その場合、荷物が増えますし、アイウェアを交換するという手間がでてくるため面倒です。
しかも、度入りの偏光グラスはレンズの価格が高く、更にコストがかかってきます。

ですので、私は度入りの偏光グラスはおすすめしません。

おすすめの偏光グラスはコンベックス

ここまで、読んでいただいた方にはメリット・デメリットについて十分把握していただけたと思います。

デメリットについて理解した上で、偏光グラスを買うというのであれば、コンベックスの偏光レンズを私はおすすめします

釣りの偏光レンズではタレックスのものが有名ですが、コンベックスのものはネームバリューこそ劣るものの、偏光度が高いレンズを扱っています。

そのため、暗い場所や明るい場所など様々なシチュエーションがある渓流釣りでは、明るくて偏光度が高いレンズに越したことはありません。

コンベックスのレンズは、明るくて偏光度の高いレンズがあるのでおすすめです。

↓の写真はオークリーにコンベックスのレンズを装着したもの。とても明るくて見やすい。

おじさん
レンズに傷があるでしょ?登山のときに落としちゃったんだよね

私は結局メガネが一番しっくりきた

私は偏光グラスを3つ(クリップオン1個・偏光グラス2個)購入して試したりしましたが、結局は普通のメガネで釣りをしています。

偏光グラスを掛けなくても釣る自信があるし、無駄な道具を使わないというテンカラの精神を感じることができるような気がして、ただのメガネスタイルに今は落ち着いています

気軽にラフに楽しめるのがテンカラのいいところ。

最新情報をチェックしよう!