テンカラの仕掛けの長さとラインの太さはこれで決まる!

テンカラの仕掛けの長さってどうやって決めていますか?

私は大きく開けた本流以外では、仕掛けの長さは竿と同じ長さに設定しています。

なぜならそれが一番毛ばりをコントロールしやすいし、魚の取り込みでも失敗が少ないからです。

 

ですが、テンカラをはじめたばかりだと

「ラインの長さの決め方がわからない!」
「ラインを長くしてみたけどうまく飛ばない!」
「ハリスの長さとレベルラインのバランスがわからない!」

という悩みを持っている方も多いと思います。

 

今回は、仕掛けの長さや太さ、バランスについて深掘りして紹介していきます。

 

テンカラにベストな仕掛けのバランス

テンカラでベストな仕掛けのバランスは、ラインの長さの合計が、竿尻いっぱいまでだと考えています。

 

つまり

竿の長さ = レベルライン + ハリス(60cm~80cm程度)

の式が成り立つようにするということです。

 

例えば、竿が4.0mなら

4.0m(竿の長さ) - 0.6m(ハリスの長さ) = 3.4m(レベルラインの長さ)

といった感じ。

 

ハリスは長過ぎると、毛ばりにうまくキャスティングの力を伝達してくれませんし、短すぎると水中で毛ばりが不自然な動きをしてしまいます。

ハリスの長さは60cm~80cmくらいが私はベストと考えています。

 

そして、これ以上レベルラインが長い仕掛けは、大きく開けた川幅のある本流以外では私は使いません。

小さな渓流などだと、ラインを長くするメリットがあまりなく、デメリットが目立つからです

ラインを長くして遠くから投げれば気づかれないしいいじゃん、と思われる方もいらっしゃると思いますが、それ以上にラインを長くすることで、毛ばりのコントロールを失うことが問題です。

 

 

たしかに、遠くからキャスティングしたほうがいい場面にも出くわすことがあります。

ですが、それ以上に毛ばりをコントロールできないことで、釣れなくなってしまう魚のほうが多いと経験上感じています。

短い仕掛けで、正確にポイントにキャスティングを決めて、レベルラインを水に浸けないようにしながら、毛ばりをゆっくり流すようにコントロールするほうが、遥かに魚が毛ばりに反応してくれるでしょう。

 

 

そして、ラインが無駄に長いと、トラブルが起きる可能性が高いです。

後ろの木に引っ掛けてしまったり、竿先に絡まってしまったり、岩の間にラインが挟まってしまったりと、ラインが長いと様々な弊害が生まれてしまいます。

ですので、歩けば毛ばりがポイントへ届いてしまう以上は、ラインを長くするメリットはほとんどありません

 

 

どうしてもポイントに毛ばりが届かないという場合のみ、ラインを長くするのがいいでしょう

 

ラインの長さと太さと毛ばりの関係

ラインを長くする必要が出てきたとき、ラインの太さはどのように決めればいいのでしょうか?

それは、仕掛けの長さと毛ばりの大きさで決まってきます

仕掛けが長くなると、よりラインに重量とハリがなければうまく飛ばすことはできません。

 

例えば、私が

4.0mの竿
3.4mのレベルライン
60cmのハリス
#12の毛ばり

という仕掛けを使う場合ラインの太さは

レベルライン2.0号
ハリス1.0号もしくは0.8号

を使用します。

 

しかし、レベルラインの長さが5mや6mになってくると、2.0号のラインでは中々うまく飛ばすことができなくなります

 

この原因は、ラインと毛ばりにかかってくる空気抵抗が問題です

 

毛ばりは大きくなるとハックル部分の空気抵抗が大きくなり、飛ばすことが難しくなりますし、細いラインは重量とハリがなく、キャスティング時に勢いがでません。

その場合、より自重とハリのある太いレベルラインとハリスを使用し、バランスを取っていきます

この例の場合であれば、3.5号~4.0号のレベルラインを使用するとストレスなく飛ばすことが可能です

 

このような、ラインの太さとストレスなく投げられるラインの太さの関係を、次に紹介していきたいと思います。

 

↓私がよく使用しているレベルライン

↓レベルラインに関して詳しく解説している記事はこちら

関連記事

皆さんはテンカラをする際に、どんなラインを使っているでしょうか? 私は扱いやすさと価格の面から、レベルラインしか使いません。 しかし、テンカラは十人十色の釣りで、使う道具は人により様々。 ですが、初心者の方やこれからはじめ[…]

ラインの太さと毛ばりの大きさの目安

ラインは細いほどオツリ(ラインの自重で毛ばりが手前にきてしまうこと)が少なく、より繊細に毛ばりをコントロールすることができます。

ただし、細いラインでのキャスティングは、先程もお伝えした空気抵抗の関係で習熟を要します。

 

私が使ってみて、これぐらいが限界だなというラインの長さと太さ、そして毛ばりの大きさの関係を表にしてみました

初心者の方はレベルラインの太さを+1.0号~1.5号くらいにするのがちょうどいいでしょう。

すべてを書ききるわけにもいかないので、#12と#8の毛ばりを代表に表を作成しています。

間大きさの毛ばりの数値などは、おおよそで導きだしてもらえれば幸甚です。

 

これから仕掛けを作る際の参考にしてみてください。

#12の毛ばりの場合

#12の毛ばりは、それほど空気抵抗が大きくなく、

竿の長さ レベルラインの長さ レベルラインの太さ ハリスの太さ(60cm固定)
3.2m 2.6m 1.5号 0.6号
3.4m 2.8m 1.5号 0.8号
4.0m 3.4m 2.0号 1.0号
4.0m 5.0m 3.0号 1.0号
4.0m 7.0m 4.0号 1.0号

#8の毛ばりの場合

#8番毛ばりの場合は、毛ばりの空気抵抗がかなり大きくなり、キャスティングの妨げになります。

そのため、レベルラインだけでなく、ハリスもしっかりと太くしないと毛ばりの空気抵抗に負けてしまうでしょう。

竿の長さ レベルラインの長さ レベルラインの太さ ハリスの太さ(60cm固定)
3.2m 2.6m 2.0号 1.0号
3.4m 2.8m 2.0号 1.0号
4.0m 3.4m 2.5号 1.2号
4.0m 5.0m 4.0号 1.2号
4.0m 7.0m 5.0号 1.5号

↓私がよく使っている毛ばりに関する記事はこちら

関連記事

誘って釣るってテンカラのいいところと思いませんか? ただ、ナチュラルドリフトで流れにのせて釣るだけじゃなく、誘って釣ると釣った時の満足感がアップすること間違いなしです。 そんな誘いの釣りに最適なハックルが、メスキジの羽です。 […]

キャスティングの技術で大きくラインは変わる

今回紹介した、ラインの長さと太さ、そして毛ばりの大きさとの関係は、あくまで一例です。

キャスティングの技術次第で、ラインはもっと細くできるかもしれません。

しかし、あまり細すぎるとキャスティングの精度が落ちますし、少しの向かい風でキャスティングが難しくなってしまうというようなことがあります。

ですので、ラインを細くするのはある程度にとどめておいて、キャスティングの精度をあげていくという方が、釣果につながるのではないかなと最近より思うようになっています。

最新情報をチェックしよう!