魚がキレイに撮れるランディングネット買ったった

ランディングネットを新調しました。

 

以前から使用していた、ランディングネットも全く問題なく使えていたのですが、ブログを始めたりして

「もっとキレイに渓魚を撮りたい」

と思うようになり、新しいランディングネットを買おうと決めました。

 

今回購入したのは「Pleasure」さんのランディングネット。

購入したポイントなどを整理して紹介したいと思います。

 

新調したランディングネットは「Pleasure製」

今回購入したのは「Pleasure」さんのランディングネットです。

Pleasureさんは北海道を拠点に、銘木を使用したランディングネットを制作されています。

 

 

 

非常にキレイな仕上がりで、ネットはクレモナの青、グリップは鏡面仕上げ。

あまり銘木の種類には詳しくありませんが、とにかく美しく、キレイに鏡面に仕上げられて銘木の杢目を際立たせます。

 

 

 

 

近くで見ても、丁寧な仕事というのがよくわかります。

 

 

 

 

「Plesure」の焼き印入り。素朴なロゴがとても気に入っています。

twitterでランディングネット買うならどんなのがいいかなぁとつぶやいたときに、青色のネットなんかいいんじゃないですか?と言われたので参考にして買いました。

実際、魚がすごく映える色で、主役の魚を際立たせてくれる素敵なネットでした。

 

 

 

 

今回購入したサイズは、ネットの内径が30cmのモデル。

24cmのモデルと悩みましたが、このネットに似合う尺を釣ってやろうと思ったので30cmにしました。

この大きさのネットの場合、25cm以下だとあまり映えませんね。

 

以前のランディングネットとの比較

以前のランディングネットはこんな感じ。

 

 

 

とても安価なランディングネットだったし、しっかりと役割は果たしてくれていたので、特に不満もありませんでしたが、やはり写真を撮るとなると物足りない部分があります。

 

 

 

 

新調したネットはクレモナネットの青が、いいアクセントになってくれてとても魚が美しく見えます。

青が爽やかでとっても好き。

 

ちなみに、これまで使用していたネットは、高校生テンカラ師にあげました。

高校生でテンカラはじめるなんて筋がいいよなぁ。

きっと素晴らしいテンカラ師になってくれると思います。

 

おじさん
ワイがタモあげたんやからウマなるで~

ランディングネットの購入の決め手

他にもたくさんのランディングネットの購入候補はありました。

ですが、「Pleasure」さんのHPでは、メンテナンスの項目が充実しており、「Pleasure」さんのランディングネットなら長く付き合っていけるなと思い、購入を決めました。

 

私は、道具の扱いがあまり丁寧では無いため、すぐにボロボロにしてしまうことが予想されたので、再塗装などをしていただけるような工房で購入すべきと考えていたので、本当に良かったと思います。

 

フルオーダーもされているので、今度また購入する機会があれば、次はフルオーダーでお願いしたいなと考えています。

 

さて、ネットに似合う尺でも釣りにいきますか!

 

 

「Pleasure」さんのHPはこちら

最新情報をチェックしよう!