1万円足らずで揃えるテンカラ毛鉤を自作するのに必要な道具たち

どうも、テンカラ界の佐藤隆太こと、ほくと(@hokuhokuto1)です。

テンカラの毛鉤を自作って憧れますよね~。
私もテンカラをはじめてから3回目の釣行のときには、毛鉤を巻くようになってしまいました。

最初は、手で巻いてみたり、ある道具でなんとかしようと色々努力したんですが、結局入門用のセットのものを使用するようになってしまいました。
手で巻くのって難しくて、専用の道具を使ったほうが簡単だし、気軽にできるんですよね。

自分で作った毛鉤で釣るテンカラは、他人が作った毛鉤で釣るよりも何十倍もの達成感があって、超気持ちいいです!

これから毛鉤を自作したいと考えている方に、毛鉤を自作する楽しさを知ってもらいたいので、最も手軽で簡単に毛鉤の自作をはじめられるセットを紹介していきましょう。

 

この記事を読めば、毛鉤を作成するのに必要な道具を1万円足らずで揃えることができるので、気軽に毛鉤作りの環境を整えることができますよ!

 

毛鉤の自作でおすすめな道具はこちらの2つです。
コレさえあれば、ひとまず道具には困りませんし、接着剤を使うことなく毛鉤を自作できますよ!

テンカラの毛鉤を自作するには高価な道具はいらない

フライフィッシングのフライは、非常に精巧なものが多く、その分道具の性能が高くないと思うような毛鉤を作ることが難しいです。

しかし、テンカラの毛鉤はシンプルなので、道具もシンプルなものでよく、高価な道具は必要ありません。
驚くことに、テンカラの毛鉤を巻く人の中には、道具を使うこと無く毛鉤を巻く人もいるほどです。

ですが、毛鉤を手で巻くというのはかなり難しく、習熟が必要となり、ちょっとした時間で気軽に巻くということが難しい。

このことから、テンカラには、フライフィッシングのフライを巻くほどの高価な道具は必要ないが、道具は使ったほうがいいということになります。

安い道具でも毛鉤を巻く楽しさは十分実感できるので、まずは安いので十分です。

テンカラ毛鉤を自作するのに必要な道具

テンカラ毛鉤を巻くのには下記の写真の道具が必要です。

これ以上道具が少なくなると毛鉤を巻くことが難しくなってしまいます。

バイス

毛鉤のフックをしっかりと固定してくれる道具。

これが1番ないと困るという感じ。

高価なものは2~3万円くらいしますが、テンカラには別にそこまでのものは必要ないと思う。いいやつは超カッコいいので、カッコいいのがいいという人はお金をかけるのもあり。

おじさん
ワイは見た目はあんまり気にしない、実用一点張りじゃー!!!

ボビン

毛鉤のハックル(鳥の羽)やボディ材(毛鉤の胴体部分の材料)をフックに巻きつけていくスレッド(糸)を巻きつけるための道具。

強めにテンションが掛かったときだけ、スレッドが出てくる仕組みになっているのでしっかりとスレッドを巻きつけられます。

あまりに安いものは先端部分にバリが出ていることがあるのでオススメしません。
バリがでてると途中でスレッドが切れたりしたりも…

おじさん
やすいので十分、でもバリには注意

ハサミ

ちょっと小さめのハサミで、スレッドやハックルをカットするのに使用します。

全然普通のハサミでもいいですが、先が細いタイプでないとスレッドを短く切れないので注意。

スレッドをカットする際は、刃を動かさずに押し切るような使い方をします。

ハックルプライヤー

ハックルをフックに巻きつけるために使用します。

手で巻きつけることもできますが、ハックルが短い場合は作業がしにくいです。

ウィップフィニッシャー

スレッドがほどけないように、最後にクルクルと巻き付けて締め上げるためのもの。

コレを使えば接着剤などを使うことなく、毛鉤を仕上げることが可能です。

材料も必要

道具の他に材料も必要です。

材料は作る毛鉤によって変わってきますが、基本的にはフック、ハックル、ボディ材が必要。

左から、ボディ材、ハックル(キジ)、フック

材料についてはまた別の記事で詳しく解説しますので、こういうものが必要なんだという認識でいてもらえればと思います。

テンカラ毛鉤の自作にはセットで十分

道具はシンプルでいい、というところから私はセットで購入できるものをオススメします。

こちらのアキスコのタイイングセットは、テンカラを初めて2ヶ月くらいのときに購入しましたが、3年以上たった今でも全く問題無く使用できています。

いくつかハックルやフックなどもついてくるので、別で材料を買わなくてもはじめられるというところもポイントが高い。
そして、バイスも割としっかりしているので、簡単にはフックがずれたりしませんし、十分使えます。

弱点は、ハサミがちょっと貧弱なことと、ウィップフィニッシャーがついていないこと。
こちらのセットには、ウィップフィニッシャーと似たような機能があるハーフヒッチャーという道具もついていますが、ハーフヒッチャーのみだとスレッドがほどけてくることがあるので、別でウィップフィニッシャーを買うことをオススメします。

道具を揃えたら毛鉤を巻いてみよう

毛鉤を巻くことは最初は難しく感じます。
なかなか最初はキレイに巻くことはできないかもしれません。
ですが、ちょっと形が崩れた毛鉤でもテンカラでは釣れてしまうのが魅力です。

何度も練習していけば徐々にうまくなっていくので、どんどん練習してください。
私は、テンカラ1年生のときに巻いた毛鉤が、まだ数百本残っています。(笑)

↓毛鉤の巻き方の記事はこちらです。

関連記事

どうも、テンカラ界の高田純次、ほくと(@hokuhokuto1)です。 伝統的なキジの逆さ毛鉤で渓魚を釣ってみたいとは思いませんか? 現代的なフライフィッシングの毛鉤もいいですが、伝統的な毛鉤をつかったテンカラも趣があって最高です。[…]

 

↓今回紹介した道具はこちら

最新情報をチェックしよう!