釣り帰りの運転中に眠気を感じたら試すべき3つこと

  • 2019年7月9日
  • 2019年7月9日
  • 雑記
  • 268view

朝マヅメから夕マヅメまで釣りをした帰りの運転って眠たいですよね。

15分の仮眠して収まってくれればいいですが、まだ眠たいなんてことがあると、帰宅が遅くなってしまうので辛いところ。
耐えられなくなる前に休憩するのが1番大事ですが、少しの眠気なら跳ねのけたい。

そんなあなたに、今回は眠気を覚ます方法を3つ紹介します。

釣り帰りの運転中に眠気を感じたら試すべきこと3つ

眠気覚ましに、コーヒーや眠気覚ましのドリンクなんて手もありますが、普段からカフェイン中毒になっている私には、ほとんど効き目なんてありません。

私が実践していて効果があった眠気覚ましの方法は下記の3つ。

・ラムネを食べる

・大声で歌う

・ケツを浮かせる

 


ラムネを食べる

ラムネが何の役に立つんじゃい!?って思われるかもしれませんが、脳みそにはブドウ糖が必須です。

疲れたりすると、脳みそのブドウ糖が不足した状態になり、脳みそのパフォーマンスが落ちてきます。
パフォーマンスが低下してくると眠気が発生するわけですが、ブドウ糖を摂取すると脳みそのパフォーマンスが復活します。

そしてなんと、ラムネはそのほとんどがブドウ糖で構成されたお菓子。
ブドウ糖が不足した脳みそには、ラムネが非常に効果的。

100円もしない高コスパで、体に悪いものがほとんど入っていないのも魅力です。
食べるとすぐに脳みそがスキッとします。
簡単で、効果が高い。

森永のラムネが1番ブドウ糖の含有量が多いらしいですよ。
しかも、うまい。
是非一度お試しを。

↓大人買いはこちら

おじさん
大粒サイズもあるで!

大声で歌う

大声で歌うのも効果的。
結構効果的で、私も夜中に高速走るときはいつもやっています。

テンションも上がるし、血流も良くなるので、いい感じに目が覚めます

問題は疲れていると大声で歌う気力も出ないところと、車の中を覗かれたりするとちょっと恥ずかしいところ。
ずっと歌い続けるのもちょっとしんどいかなぁ。

でもコレはおすすめ。カラオケには意地でもいかない私でも楽しいし目が覚める。

 

おじさん
ワイはいっつもレッチリ歌ってる(雰囲気英語)

ケツを浮かせる

は?って感じだと思うんですが、アクセルワークに影響が出ない程度にお尻を浮かせます。
こうすることで、大腿四頭筋(ふとももの筋肉)とかを使えるので、血流がよくなるんですよ。

数秒お尻を浮かせて、またお尻を沈ませるっていうのを繰り返すと、下半身に滞っていた血が上半身にも回ってくれて、頭がスッキリします。
そんな馬鹿なって思われるかもしれませんが、意外に効果があるので、一度試してみてください。

家での作業時にも結構使えますよ。

 

おじさん
空気椅子の要領でやってね

自分で限界を決めておく

安全なドライブのためには、ココまでなら大丈夫っていう範囲を決めておくべき。
私の場合は、大声で歌う気力が無くなってしまったら、15分程度の仮眠を取るようにしています。

眠気と戦ってヒヤッとした経験も過去にあるので、今はコレをマイルールとして運用。
帰りは急ぎたいけど、本気で釣りすると自分が思っているよりも疲れているので注意してくださいね。

安全な釣行とドライブを!

 

最新情報をチェックしよう!