テンカラ動画はじめました。

どうも、ほくと(@hokuhotkuto1)です。

最近、ブログよりも動画編集にお熱だったので、2週間ぶりの更新です。

動画編集もそこそこ手慣れてきて、実際に仕事で編集を行う機会がでてきたりも
動画の撮影もするようになり、テンカラについて解説しやすい環境が整ってきたので、これからバンバン解説の記事や動画をアップしていきたいところ。

一度備忘録として、編集の技術の進歩や機材についての話をしていきたいと思います。
YOUTUBEとか興味あるんだけど…って人の参考になれば幸い。

テンカラ動画をYOUTUBEに投稿した話

実は、先日はじめて編集した動画をYOUTUBEに投稿しました。

まだ、動画編集ソフトを購入してから、1ヶ月くらい。
結構、様になってるんじゃない?と思っていますが、とある人に見せるとボロカスに言われました

おじさん
まあ、落ち着けよ…な?
まぁ、おっしゃるとおり、撮影も下手くそだし、編集もたどたどしいので、まだまだこれからですね。
それから、テンカラ動画の撮影は、一人ではかなり難しく、大変というのがわかりました
YOUTUBEの先人たちは、こんな大変なことをやっていたんだと、ただただ尊敬の念しかでてきません
ただ、撮影や編集をはじめて1ヶ月の人間でも、コレぐらいはできるという参考にしてもらえると嬉しいです。
撮って出しの動画では、私の伝えたいことは伝わらないかなぁと思っています。
ですので、これからはVlog(動画のブログみたいなヤツ)っぽく、「オシャンティーな動画+解説」みたいな形で、動画を作っていければいいなと思っています
でも、もう1ヶ月ちょっとで禁漁なんだよなぁ。

テンカラ動画の編集ソフトについて

編集ソフトはAdobeのソフトを利用しています。

・字幕とかの動きのあるものは「After Effects」
・撮影した動画をカットしたり引っ付けたりするのは「Premiere Pro」

と、2つのソフトを使い分けています。

通常の動画編集であれば、「Premiere Pro」で十分ですが、ちょっとカッコいい動きを付けた字幕とかは「After Effects」でゼロから作成

「Premiere Pro」での編集作業はそれほど難しいものではなく、編集するだけならすぐに覚えられます。
しかし、アニメーションを作成する「After Effects」は、まるで宇宙のようで、覚えることが多すぎて大変です。
その分、ある程度使用できるようになれば、カッコいい字幕を作ったり、アニメーションを作成できるようになるので、習得しがいがあります。

これらのソフトはAdobeCreateveCloudと言われるもので、セットで購入しています。

AdobeCCに関してはこちらの記事

「動画編集をはじめてみたい」 そんな思いが溢れてきて、動画編集のソフトを買おうか迷っていました。 AdobeのPremierProや、ApplepleのFinal Cut Pro Xといったソフトが候補に上がっていましたが、最終[…]

テンカラ動画の撮影機材について

撮影機材は意外と先進的で

・ドローン:DJI/SPARK

・カメラ:Panasonic/LX100

・アクションカメラ:Crosstour/CT8500

を利用しています。

が、アクションカメラのCrosstour/CT8500に関しては、画質など様々な点でイマイチだったので、DJI/osmoactionに変更予定です。

DJIのSPARKは非常に便利で、普通では取れない画を一人で撮れるし、俯瞰で撮れるのでポイント解説をするのに非常に最適だと思っています。
都会では法律の関係で飛ばせない場所がほとんどなようですが、田舎なら法規制されている場所もあまり無いので飛ばし放題です。

PanasonicのLX100は、コンデジにも関わらず、一眼レフっぽい操作感で撮影ができるのが魅力
そして、動画もキレイに撮影できます。
一眼レフはもっとキレイに撮影できると思いますが、釣行時の持ち運びの利便性を考えるとLX100が最適かなぁと思っています。

この辺りは、レビュー記事を後日作成する予定です。

やってみなはれ

まだ動画編集をはじめて1ヶ月と少し…
動画編集を始めてわずかな期間ではありますが、仕事にもなっています。

それは、とりあえずやってみるという精神と、どんなに下手くそな作品でも発信して見てもらうという行為が、今に繋がっていると思うのです。
私は、ちょっと作成したAfter Effectsの作品を#テンカラおじさんの動画編集で発信しています。

動画編集にチャレンジしたいという方は、私の醜態をみて勇気づけられてください(懇願)

本格稼働は来年かな?

 

 

最新情報をチェックしよう!