【テンカラ】釣り上がりの基本|川の歩き方

テンカラで狙うポイントってわかりにくい上に、どういう順番で釣っていけばいいのかってわかりにくいですよね。
私も最初は、どんなポイントをどんな順番で狙っていけばいいのかわからず、苦戦した時期がありました。
ですが、簡単なルールに則って釣り上がっていけば、釣果が上がったんです。

川での立ち回りに悩む方へ、テンカラ釣りで最も基本的な、川を遡っていく釣り方について解説していきます。
このサイトで初心者にオススメしている小渓流での釣りでは、この釣り上がりが基本となるので、初心者の方は必見です

テンカラでの釣り上がりの基本

釣り上がりの基本は、下流の手前から順番に毛鉤を打っていくことです。

釣り上がりでのルールを説明すると

・ポイントを観察し手前から順番に毛鉤を打つ
・移動する先に毛鉤を打つ
・打つべきポイントが無くなってから移動する

この3つのルールが重要です。

下の図は、ドローンで上空から撮影したもので、下側が下流となっており、緑色が歩くルート、青が毛鉤をキャスティングした際の軌跡となっています。

画面の下側、すなわち下流から緑の線をたどって歩いていくのをイメージしてください。
実際には、毛鉤はもっと様々な所に打ち込みますが、ごちゃごちゃしすぎるため、程々にしています。

下流から釣り上がっていく際に重要なのが、むやみやたらに水面に姿を晒さないことです。
そのため、移動は最小限に押さえ、現在の立ち位置から狙えるポイントを、手前から順番に毛鉤を打っていくのが基本
なにも考えずに移動を先にしてしまうと、狙えるポイントを見逃してしまいます。
移動するのは、現在立っている位置から狙えるポイントすべてへ、毛鉤を流してから移動するようにしましょう。
そして、立ちたい場所にも先に毛鉤を打ち、ポイントを潰さないようにしてください。
釣りに慣れると、あえてポイントを見逃して、毛鉤を流しやすい場所に立ってから狙うという場合もありますが、初心者のうちは気にしなくてOK。

改めて図を見てもらえれば、立っている位置から毛鉤が届く範囲に、もれなく毛鉤を打っているのがわかると思います。

毛鉤を打ち込むべきポイントは、周りよりも水深が深くて、流れが緩くなっているところが基本。
かといって、ほとんど水が流れていないところには、あまり魚はいないので注意
イワナとヤマメ・アマゴでは、若干着いているポイントは異なりますが、最初のうちはあまり気にせず、流れのゆるい所を中心に狙いましょう。

狙うべきポイント

具体的に狙うべきポイントを説明します。

まず最初に、白泡が出ている脇は、流れが緩いので必ず狙うべきポイントです。

次いで狙うべきポイントは、白泡の先で流れが落ち着いた所
こちらの場合は、白泡の先端辺りに毛鉤を打ち込めば、流れに潜む魚の目の前に毛鉤を流せます

流れの早い所にも、魚はいる場合がありますが、そのようなポイントに毛鉤を打ち込んでも、魚が毛鉤を咥えるのに失敗する可能性が高いです。
一度魚が毛鉤を咥え損なうと、二度目は反応してくれない場合も多いので、まずは流れの緩い所に打ち込み、咥えやすいようにゆっくり毛鉤を流して魚の反応を見るのがベター
緩い流れに打ち込んで、反応がなければ早い流れにも毛鉤を打ち込んでみましょう

また、魚の活性が高いと、水深の浅いところにも付いている場合があります。
ですので、浅いからといってスルーするのではなく、釣り場の状況を掴むまでは、とにかく毛鉤を手当たり次第に打ち込みましょう
特にイワナは、思ってもいない所に潜んでいる場合が多いです。

実際に釣り場へいくと、地形が複雑に入り組んでいるので、一概にココがポイントとは断言できないのがテンカラの面白いところ。
一つ助言をしておくとすれば、魚が釣れたり反応があった所をよく観察することです。
何らかの反応がある場所は、流れが緩くなっていたり、流れがぶつかる場所だったり、大きな底岩があったりと、水の流れに変化があるような場合がほとんど。
そういった条件を反応があった際にしっかり地形を観察し、自分の中に情報をストックしていくのが上達の秘訣
魚が釣れたからといって、喜んでいるだけでは上達しません。

重要なのはよく観察することです

初心者が意識すべきポイント

初心者の方にありがちなのが、ポイントを見逃してしまっているというパターン
技術がないのに、ポイントを見逃していては釣れる可能性がさらに低くなります。

ですので、初心者のうちは、移動する前に、まず辺りを見回すクセをつけましょう
こうすることで、ポイントを観察するクセがつきますし、先に移動してしまってポイントを潰してしまう可能性が少なくなります。
テンカラでは、1歩歩くだけで狙えるポイントが大きく変わるので、常にポイントを見回すのが重要です

ポイントがわかるようになってきたら、ポイントを狙う順番も考えると、さらに釣果がアップします

まとめ

改めて、釣り上がる際のルールを確認しましょう。

・ポイントを観察し手前から順番に毛鉤を打つ
・移動する先に毛鉤を打つ
・打つべきポイントが無くなってから移動する

これら3つを守れば、少なくとも魚の反応はあるはずです。
そこから、魚に毛鉤を食わせるかというのは、キャスティングの精度や毛鉤のコントロールが重要になってきます
もちろん、足音を立てないなどは基本なのでお忘れなく!

最新情報をチェックしよう!